イベント日程

2022年8月10日(水)
むすびの会20周年記念事業
能楽と琉球舞踊 “祈りの表現”

日時

2022年8月10日(水)14時開演(13時30分開場)

会場

銕仙会能楽研修所

入場料

一般4,000円 学生2,000円(全席自由・税込)

主催

特定非営利活動法人 日本伝統芸能教育普及協会むすびの会

 

演目

琉球舞踊
「稲まづん」

志田房子(重踊流宗家 人間国宝)

琉球舞踊
「かぎやで風」

志田真木(重踊流二世宗家)

比嘉聰(組踊音楽太鼓 人間国宝)

能楽 舞囃子
「弓八幡」

馬野正基(観世流シテ方)

大倉源次郎(大倉流十六世宗家 小鼓方 人間国宝)

 

琉球舞踊 古典女踊り 「稲まづん」

五穀豊穣を祈る予祝の舞。往時は稲粟の稔りが豊かな御代「世果報」につながると信じられていました。現在は稲穂を持って踊りますが、昔は団扇を持って踊られたと伝えられています。

古典舞踊 「かぎやで風」

琉球王国時代、国王や国賓の御前で上演した『御前風』五曲の一つで、今日ではお祝い事の座開きに演奏されます。「今日の喜びは何にたとえることができましょう。まるで蕾の花が朝露を受けてぱっと開くような心持ちです」という意の歌詞で晴れやかな気持ちを表現します。この演目には、国家安泰や子孫繁栄を願う祈りの心が込められています。

能楽 舞囃子 「弓八幡」

後宇田院の臣下が男山八幡宮(石清水八幡宮)の神事に参詣すると、弓を錦の袋に包み持った老人が現れ、桑の弓と蓬の矢にて世を治めた物語りをし、自分は高良の神と名乗って姿を消す。その後高良の神がその姿を現し、舞を舞って御代を祝う。

神舞物の中では、「高砂」と「弓八幡」が真之神舞と云われ、とても重要に扱われます。桑の弓は魔除けとされ、袋に包まれた桑の弓は天下太平の世を表しています。舞囃子にて、高良の神の颯爽とした神舞をご覧ください。

お話

志田房子

比嘉聰

大倉源次郎

波照間永子(司会/明治大学教授)

2022年6月4日(土)【講座】研究者による伝承者の世界紹介

時間

13:45〜14:45 15:00閉会

場所

明治大学駿河台キャンパス リバティータワー12階 1124教室

参加費

無料(申込不要)

琉球舞踊家 志田房子の歩み

発表者:波照間永子(明治大学教授)

琉球舞踊立方 志田房子は昨年度、琉球舞踊立方として最初の重要無形文化財各個指定 [人間国宝]に認定されました。沖縄は今年本土復帰50周年の年となりましたが、志田先生の踊りは常に沖縄の人々を励ましてきたと言われています。志田先生の歩みを知ることは、琉球舞踊の歴史を知ることにも直結しています。今回は、ご自身も琉球舞踊家として活躍されてこられた波照間先生による志田房子先生の歩みをご紹介いただきます。

大倉源次郎による能楽紹介

発表者:森田ゆい(東京立正短期大学准教授)

能楽小鼓方 大倉源次郎(重要無形文化財各個指定[人間国宝])は能楽が伝える世界を若い時から探求し、一つ一つの作品が伝える意味について著作などて述べています。今回はむすびの会で20年間活動を共に行ってきた森田先生による大倉先生が考える能楽の存在意義についてのお考えをご紹介いただきます。